« 手帳 | トップページ | 驚愕 »

夢子のはなし③

 

さて、スナックに行く前に夢子ちゃんから釘を刺されていたことがあります。

 

アタシが結婚して子供もいるって事、誰にも言わないでね。

 

アタシめんどくさいこと嫌いなので、

あ、そうなの? わかったわかった。

 

と言いながら連れられていったスナック。

 

アタシの中でママというと、

ちょっと男に媚びた感じでなよなよふにゃふにゃってしてるイメージがあるんですが(←これがおかしいのか?)

そこのママは、意外にも男っぽく、さばさばしてて気風のいい感じで、さっそく気に入っちゃいました。

 

夢子ちゃんはあるおじさんのところに行っちゃって、アタシが一人で飲んでたら、ママや常連さんが聞いてくるの。

 

みんな 「夢子とはどういう友達?」

アタシ 「小学校中学校の同級生です」

みんな 「ふ~ぅん。そうなの??」

 

なんかね、そのみんなの反応がちょっと怪訝な感じで…

え??って思っていたアタシ。

 

それからは楽しく飲んだり歌ったり。

週1くらいで夢子ちゃんと行くようになったんだけど、やっぱり夢子ちゃんとアタシの関係を聞いて不思議な顔をするお客さんが多い

 

なんだ一体…と思いながらしばらくしたある日のこと。

 

夢子ちゃんが、

「ちょっと話したいことがあるんだけど…絶対内緒だよ! ママにも絶対言っちゃダメだよ!」と…。

 

おいおいめんどくさい話は簡便だぜ、と思ったアタシは

「いや、そんな内緒なら別に聞かんでいいけど…」って言ったんだけど、

夢子ちゃんがあまりにもしゃべりたそうだったので聞くことに。

 

 

「実はあの人と付き合ってるの」と。

 

 

目線の先にはちょっとナイスなおじさまが。

 

でもね、そのおじさまには妻子がいるんざますよ!

 

  

驚いたアタシ

「えー! まじでまじで?! アンタいいの?! あの人奥さんいるよね?? てか、アンタもまだ離婚してないよね??」

 

夢子ちゃんタバコをふかしながら

「も~アンタは考えが古いんだから。いいのいいの。うちらだって子供じゃないんだから~」

 

へー! ほー! ふーん!

いやーたまげた。

あのおじさんだってとっても誠実そうな感じなのに!

 

アタシは思いましたよ。

 

世の中にはこんなこと普通にあるんだろうな。

アタシが世間知らずなだけなんだなーと…。

 

 

 

信じられないでしょうけど、

アタシってば、意外に箱入りなんでございますよ??

 

|

« 手帳 | トップページ | 驚愕 »

コメント

へ~、ドラマみたいですねsign03

お互い幸せならいいのかな??

僕にはよく理解できないです。かなり純粋なもので(笑)

本ですが、いつも自己啓発、料理、趣味、歴史小説を読んでいますnote

投稿: 諭規生 | 2008年11月17日 (月) 00:50

あれ?夢子さんの好きな人はマスターだったような・・・?気のせいか?

はたまた、途中で”ナイスおじ”から、マスターに乗り換えた???

投稿: うえざわ | 2008年11月17日 (月) 21:10

night松本さんへ
 
わたしにも理解はできないですねぇぇぇ。
お互い純ですね。笑
 
歴史は苦手だー(;;;´Д`)ゝ
 
 
nightサンタさんへ
 
よく覚えていらっしゃる!
 
説明いたしますと、
ナイスおじのあとがマスターですgood
 
まぁ、ナイスおじとマスターの間にも色々あるみたいですが…
詳しくはホームページでpc

投稿: ユキ | 2008年11月18日 (火) 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1066136/25356681

この記事へのトラックバック一覧です: 夢子のはなし③:

« 手帳 | トップページ | 驚愕 »